2013年5月6日月曜日

葛飾区四つ木で感じるは地域の絆と御粗末行政

場所: 日本, 四ツ木駅(東京)
今回の舞台は葛飾区四つ木です。 下町の下町らしい街ですよ。
この街で感じたのは、地域の絆。そして、キャプテン翼の像のあるつばさ公園から感じたのは、行政の御粗末さ…




あ、そうそう。1つ宣伝です。 「東京タウンdeトモダチコレクション」というのを始めたのです。東京の街を擬人化してニンテンドー3DSのソフト、トモダチコレクションを遊ぶ。というもの。 それに、四つ木も参加させてます。 宜しければ(^^)
http://tokyo-de-tomokore.blogspot.jp/

四つ木駅前…なんだけど


四つ木駅
四つ木駅

京成線、四つ木駅前です。
駅前って、もっと、全国チェーンの飲食店がひしめいてるものですが、四つ木は、そうではありません。

隣の駅の京成立石は、駅前に商店が立ち並んでいるのですが、1つ駅がちがうだけで、風景は全然違います。

駅前のチェーン店は、ファミリーマートがあるだけです。

出口北側 出口南側
南側には渋江商店街が伸びていますが、北側は閑散としてるといいますか…。
もしかしたら「再開発計画があるけど全く進んでない状態」だったりして。

駅南の渋江商店街、その先の整理区画


駅南の渋江商店街。


くねくねした道に、商店が立ち並んでおります。



…本当に、何とも言えない、個人商店ばかりです。
商店街の道は明るめに整備してありますが、肝心の商店のほうは、決して、明るいとは…





…うーん。



渋江商店街周辺は、くねくねした区画ですが…

その南は、碁盤の目状に区画整理がされています。







この碁盤の目、戦前に整備されたようです。 

この地図画像は、時系列地形図閲覧ソフト「今昔マップ」(©谷 謙二)により作成したものです。
この地図画像の元である地図は、国土地理院の地形図[2万5000分の1 東京首都 昭和5年測図 昭和7年6月30日発行]です。
田んぼの地図記号が並んでます。はじめは農業用だったんですね。
戦後は、住宅と工場が立ち並び、現在に至ります。


猫が2匹いますよ

用途地域を見ると、この碁盤の目の地域は、工業地帯なんですねぇ。

http://www2.wagamachi-guide.com/tokyo_tokeizu/map.asp?Mode=0&Layer=0000000011000010&k=Gm%C1%C4DP2D%C28D%3C%3FE%3CHEP%3E1&X=139%2E843871449074&Y=35%2E7302687388805&Scale=10000


駅北の商店街は鉄道が通ってた。


駅北の風景です。
駅北にも、駅から少し歩けば、商店街があります。




商店街から一歩入れば、駅南と、大して変わらない街並みが広がっています。


めずらしい色のコカコーラ自販機ですね。



関東大震災前の地図を見ると、商店街の道に…これは、鉄道軌道!?

この地図画像は、時系列地形図閲覧ソフト「今昔マップ」(©谷 謙二)により作成したものです。
この地図画像の元である地図は、国土地理院の地形図[2万5000分の1 東京首都 大正8年鉄補 大正8年10月30日発行]です。
地図の脇に「京成電鉄軌道」と書いてあります。路面電車だったのかなぁ。
関東大震災後に、現在の場所を走るようになります。

せっかくなので、現在の地図も載せて、比較してみると、分かりやすいですね。

この地図画像は、時系列地形図閲覧ソフト「今昔マップ」(©谷 謙二)により作成したものです。
(この地図は[国土地理院 電子国土Webシステム]を使用しています)
こうやって見ると、新たに気が付く事があります。今の京成押上線は、昔の渋江集落のド真ん中を走っている。

地域の絆とは、こういうものだ


四つ木を歩いていて感じたのが、地域の絆ってやつです。


証拠写真を2つ。


駅前の掲示板。子供達の作品です。

もう1つは…。


あいさつの啓蒙!

この看板、四つ木の街でいくつも見ましたし、「青少年育成四つ木地区委員会」というのがあるというのも、この街らしいです。 あいさつ啓蒙看板がある街、意外と無いですよ。

実際、四つ木を歩いていて、見張られてる錯覚を強く感じました。よくある「私達は見てるゾ!」という看板は目につきませんでしたが、そんな看板は意味が無いのだ…と、四つ木を歩いて、気がついたのです。

私達は見てるゾ!看板
参考資料:私達は見てるゾ!看板
本当に地域の目の強い街は、こんな看板、いらないのです。

でも、この保守性が、四つ木の今の原因なのかも。


つばさ公園に行政の御粗末さを感じる。



つばさ公園のシンボルは…キャプテン翼の像。
割と最近(2013年3月30日)に作られました。観光PRという名目で。



…それにしても、行政って、像を作るの、好きですねぇ。

…そいでもって、


なんで、ネットに囲われているのだか。

想像するに…。

「キャプテン翼の像のある公園にしたい!」→「キャプテン翼の公園なのに、サッカーができないのはおかしいよね」→「サッカーができる公園にしよう」→「ボールが公園の外に出たら危ない」→「なら、ネットで囲おう」

…って事なのでしょうか。

ネットをくぐらないと像は見れません。

これだったら、商店街の中に像を作ったほうが、ずっといいと思うんですけど。


つばさ公園には、災害時の防災拠点という役割もあります。

素人ながらに思う。防災公園は防災公園、像は像、分けるべきだったのでは!? 像は商店街に置いて、防災公園は防災公園として作れば、つばさ像の周りをネットで囲う羽目にならなかったはずなのに!

…像と一緒じゃないと防災公園が認可されなかった。とか、そういう裏事情を想像してしまうじゃないですか。

どうしても公園とつばさ像を一緒にしなきゃいけなかったなら、せめて、つばさ像は公園の入り口、ネットの外に出してあげないと! …ホントにつばさ像、観光客に見せたいと思ってるのか…それすら疑問です。

公園を作るのが第1目的だった可能性もありますね。 子供達の健全育成のために、サッカーができる公園を!もしもの時のために防災拠点にもなる公園を! ついでに、像も作っちゃえ! …みたいな。


今日も最後まで読んでくださり、ありがとうございました!


(2014/07/05追記)
このつばさ像、なんと、他のキャラクターも加えて、町の広範囲に増えました。なので、続編を書きました。よろしければ。

あの四つ木のつばさ像が、増殖したらしい
http://toutoi-tokyo.blogspot.jp/2014/07/yotsugi-tsubasazou.html




より大きな地図で 「尊い東京の姿」一覧地図 を表示