2013年5月20日月曜日

駒込駅は染井駅にすれば良かったのに

場所: 日本, 〒170-0003 東京都豊島区駒込5丁目5−1 染井霊園
少し前に、旧古河庭園を紹介しましたが、そのついでに、駒込周辺を散歩してきましたので、紹介します。

ゲーテの小路、染井霊園、染井銀座、霜降銀座など。 染井霊園は静かで落ち着きましたし、霜降銀座のゆるキャラは、超シンプルでした。



一里塚


まずは有名どころから。

一里塚
かつての街道で、距離を知る目安として作られたのが、一里塚。1里は約3.927キロ。一定の距離で塚を築けば、距離が分かるという仕組み。
東京23区で残っているのは、ここと、板橋区志村坂の2つだけです。


ゲーテの小路


ゲーテの小路
ゲーテの小路

…普通の道ですよ。





この近くに、ゲーテ記念館があるのが、この小路の由来らしいです。
で、ゲーテ記念館は、とある実業家が、ゲーテの精神を受け継ぎ広めるために作ったそう。 検索すると、昔っぽいデザインのウェブサイトが引っ掛かります(^_^;)

…ま、その記念館を個人運営するのはいいにしても(記念館の質は世界トップクラスという話も)なぜ北区は、それに便乗し、ゲーテの小路を作ったのでしょう?


ゲーテ記念館前ポケットパーク

このポケットパークが作られたのは1991年。…バブルのノリで作っちゃったのか?



ゲーテじゃない小路


こちらは、ゲーテじゃない、普通の路地です。










西福寺前のこの道は、桜の時期にまた来たいですねぇ。
何しろ、このあたりは、ソメイヨシノ発祥の地ですから。

染井霊園





あぁぁ、こんな墓地の近くに住みたい…!

墓地のそばに住むのを嫌う人のほうが多いのでしょうけど、私は、別に、何とも思わないんです。 むしろ、心が落ち着きます。 これだけ緑があれば、尚更。


染井銀座



きわめて平和な時が流れる商店街。
行き交う人と店主、みんな顔見知りなのではないか…と錯覚するような。







左の花屋さんの壁に注目。 味のある看板です。
昔は衣料品店だったのでしょう。「グンゼ・アツギ特約店」とありますから… アツギって、はじめて聞くブランドですが、それは私が無知なだけでした。女性向けのインナー・ストッキングのメーカーですね(ウェブサイトはこちら

霜降銀座






染井銀座と霜降銀座は、ほぼ同じ通りです。
ただ、違いがいくつかあります。 1つは、道の幅。

霜降銀座
霜降銀座
もう1つは…ゆるキャラがいるかどうか。




「しもふり」の「し」の字に目と口と足を付けたキャラですね…。超シンプル。


染井推しの駒込


小路の所でも書きましたが、ここ駒込の一部は、古くは染井村といい、ソメイヨシノの発祥の地です。

駒込駅周辺でも、そのPRが随所に見られます。

駒込駅前の碑
駒込駅前には、染井吉野櫻発祥の碑がありますし、
JR駒込駅
JR駒込駅の発車サイン音も、童謡「さくらさくら」ですし…

東京メトロ駒込駅にて
東京メトロ南北線の駒込駅にも、桜の絵画。


これだけ駒込は染井ブランドでPRしているのなら、いっそ、駅名や住所も染井にすればいいのに。と思います。

最初に駅を作った時に、染井駅にすれば…。



最後に、簡単な地図を載せて、今日はこのへんで!





今日も最後まで読んでくださり、ありがとうございました!



より大きな地図で 「尊い東京の姿」一覧地図 を表示