2013年4月15日月曜日

神田なんとか町めぐり(2)~いくらなんでも小さすぎ篇~

場所: 日本, 秋葉原駅(東京)
前回に引きつづき、神田なんとか町を紹介したいと思います。神田西福田町、神田東紺屋町、神田佐久間河岸、神田平川町…などなど、秋葉原の町を主に紹介!

住居表示の実施を免れ、歴史ある名前の町とはいえ、あまりに小さいのではないか…という町が、いくつもあります(^_^;)

エリアのリンクを開くと、町の大きさが分かりますが、点線だけなので、ちょっと分かりにくいです。 こちらの地図を使えば、町境が色分けされて、街の大きさが分かりやすいです。
http://www.benricho.org/map_boundary/town.html

神田東松下町 神田富山町

(神田東松下町のエリア)http://goo.gl/maps/5nuV8
(神田富山町のエリア)http://goo.gl/maps/ivH4S
神田東松下町 神田富山町
神田駅から北東に行くと、神田東松下町(かんだひがしまつしたちょう)。その南には、神田富山町(かんだとみやまちょう)があります。

町並みは…オフィスばかりです。ちょっと冷たい感じがします。 前回ピックアップした神田美土代町や神田多町、神田鍛冶町には、もっと飲食店があったと思うのですが… 神田駅周辺にたくさんあるので、十分なのかもしれませんね。

神田紺屋町(かんだこんやちょう)

(エリア)http://goo.gl/maps/s86q7
神田富山町から、どんどん南に行きます。

神田紺屋町 昭和通りの紺屋町交差点

神田紺屋町は、2ブロックあります。ハンバーガーに例えると、2つのパンが神田紺屋町で、肉の部分にあるのが、次に紹介する神田北乗物町です。

町並みは…たいして変わりません。

神田北乗物町(かんだきたのりものちょう)

(エリア)http://goo.gl/maps/2fP9m

神田北乗物町 …の、案内板
左の写真、何とも寂しげな写真ですが… 「町というのはそもそも丁であり即ち道である」という話を聞いていたので、道の両側に北乗物町の領域がある道が、そもそもの北乗物町なのかと思い、その道を撮影したのです。

それは、過去の事であり、今は、そうとは限らない。 それを証明するかのような写真になってしまいました…。

神田西福田町 神田美倉町

(神田西福田町のエリア)http://goo.gl/maps/ETTxY
(神田美倉町のエリア)http://goo.gl/maps/kc7aA
神田西福田町交差点 神田美倉町(かんだみくらちょう)

神田西福田町(かんだにしふくだちょう)、1ブロックしかありません。

…でも、もっと小さい町、あります。

町の風景は、ここまで紹介した東松下町~北乗物町と、変わらないですね。


神田東紺屋町(かんだひがしこんやちょう)

(エリア)http://goo.gl/maps/b38iA
昭和通りとのY字路付近にあるのが、神田東紺屋町。

…なぜ、わざわざ、紺屋町と東紺屋町で分かれているのか、不思議ですね。

昭和30年頃の地図を見てみると、昭和通りの向かい側にも東紺屋町があるのです。おそらく、住居表示の実施に伴い、昭和通りの東側の東紺屋町は岩本町になり、西側のここだけ残った。という事かと思います。


もう1つトリビアとして…左の写真のビル、神田槇町トライアングルタワーズというそうです。 槇町…? そんな地名、古い地図を遡っても見当たらなのですけど。

神田岩本町(かんだいわもとちょう)

(エリア)http://goo.gl/maps/dCasN
神田岩本町の目安。なか卯神田岩本町店


神田岩本町は、昭和通りの西側、なか卯神田岩本町店あたりから神田川にかけてのエリアです。

昭和通りの東側には、神田と付かない岩本町がありますが、元々は同じ岩本町だったようです。 千代田区誕生時に岩本町は神田岩本町となり、その後、住居表示の実施により、昭和通りの西側のは、周辺の大和町や松枝町を統合して大きくなり、神田と付かない岩本町となった。東側は、神田岩本町として残った。 …と思われます。

神田佐久間河岸(かんださくまがし)

(エリア)http://goo.gl/maps/tSJGG
左側の岸が神田佐久間河岸 右側のみ神田佐久間河岸
神田川を渡り、秋葉原にやってきました。
秋葉原駅の南東、神田川沿いに、細長ーく存在するのが、神田佐久間河岸です。


神田平河町(かんだひらかわちょう)

(エリア)http://goo.gl/maps/qai6p

昭和通りの東側、総武線のガード下あたりを、よ~く見ると、神田平河町は、あります。
ここは本当に小さい町です。いくらなんでも小さすぎます。

神田平河町の7割は写ってるのではないか


神田平河町の地図
練馬区の西大泉町と、どちらが小さいかな…?甲乙つけ難いですね。


神田花岡町(かんだはなおかちょう)

(エリア)http://goo.gl/maps/8DNr5
神田花岡町
神田花岡町はどこかと聞かれたら簡単です。ヨドバシカメラとその前のロータリーが、神田花岡町です。

もう、神田ヨドバシ町でいいんじゃないかと思えますが、秋葉原駅の北側と東側も神田花岡町に含まれるので、ヨドバシ町はやめておいたほうがいいかな(^_^;)

神田相生町(かんだあいおいちょう)

(エリア)http://goo.gl/maps/m1k3p
神田相生町
ロータリーそばにある秋葉原センタープレイスビルと、その裏にある大東ビルの一部分が、神田相生町です。 ここも小さい…。

神田練塀町 神田松永町

(神田練塀町のエリア)http://goo.gl/maps/y5Jo6
(神田松永町のエリア)http://goo.gl/maps/PoyOx

ヨドバシカメラの北にあるのが、最後の紹介となりました、神田練塀町(かんだねりべいちょう)と神田松永町(かんだまつながちょう)です。

神田練塀町


つくばエクスプレスが通る道にあるのが、神田練塀町。昭和通り沿いにあるのが、神田松永町です。


神田松永町
…しかし、神田練塀町は、ちょっと変わった形をしているのです。

神田練塀町、クラゲの触手のように南にのびていて、ヨドバシカメラの区画に達しています。おかげで、ヨドバシカメラに収まるように建っているTSKビルは、神田練塀町です。



住居表示を実施すれば、こんな複雑な事にならずに済むのに…昔からの地名が無くなってしまうので、千代田区は、あえて、住居表示を実施しない地域を残しているのでしょう。

秋葉原電気街のあたりは外神田という地名ですが、外神田も、住居表示実施前には、小さい町がいっぱいあったのです。 例えば、銀座線の末広町駅は、その名残ですね。

でも、昔の地名を残す事は、複雑な町境や番地をそのまま受け入れる事であり、その手間と引き換えなんですよね。 このTSKビルがそれを象徴してる。 そんな気がします。



もう1つ、練塀町&松永町トリビア!

神田練塀町と神田松永町の北隣には、秋葉原という住所が存在します。
千代田区ではなく台東区です。



この台東区秋葉原も、もともとは、練塀町と松永町だったのですよ。

明治時代、練塀町は下谷区(現:台東区)に、松永町は神田区(現:千代田区)に属してしまったせいで、区境が大きく蛇行したのです。
それじゃ不都合だったのでしょう。東京都政がはじまった1943年7月。練塀町と松永町は半分に切られ、練塀町の南半分が神田区に、松永町の北半分が下谷区になりました。
その後、北半分の練塀町と松永町は1964年に合併し秋葉原と改称したのです。


以上、2回にわたりお送りいたしました「神田なんとか町めぐり」でした!
今日も最後まで読んでくださり、ありがとうございました!

参考文献

  • 特別区町名町区総覧 時事通信社
  • 日本歴史地名大系13 東京都の地名 平凡社



より大きな地図で 「尊い東京の姿」一覧地図 を表示