2012年11月1日木曜日

消える!?妙正寺川の謎

場所: 日本, 下落合駅(東京)
不思議だなと思って調べて見れば、いろんな事を知ることができます。

なにが不思議だと思ったかといいますと、妙正寺川(みょうしょうじがわ)が地図上で消えるように見える事です。



妙正寺川の源は、ここ。



…で、川をたどっていくと… あれれ、妙正寺川が、下落合駅付近で、消えちゃう?



どうなっているのでしょう?


さらりと答えを書いてしまいますが


答えは、道の下を川が通ってるからです。新目白通りの下です。



そして、目白区高田、明治通りの高戸橋交差点付近で神田川と合流します。




地図をよく見ると、不自然な川のふくらみがあります。けど、ぱっと見、分かりにくい。なので、妙正寺川が途中で消えたように見える。 というカラクリです。

ほら合流してる


しかしながら、また疑問が出てきます。

1キロぐらい、神田川と妙正寺川が並行して流れてるのが、不自然です。こんなもったいぶった事をせずに、下落合で合流させればいいじゃないか?

落合という地名の意味


これは、洪水対策。昔は下落合で合流させてたけど、よく水が付いた。なので、もっと川幅や深さのある高戸橋交差点付近まで、妙正寺川を延ばした。そういう事です。

そもそもこの付近の「落合」という地名は、川の合流地点を意味する!…て事は、水害に弱い地域だったのか( ゚д゚ )

そんな事も、消える妙正寺川の謎を調べるうちに、知ることができました。

妙正寺川が道の下を通る事も分かって、めでたしめでたし~(^o^)

…と、思いきや。


道の下は妙正寺川ではない



落合地区の洪水対策のため、妙正寺川は新目白通りの下を走り、高戸橋交差点付近まで延伸された。

…というのは、間違い!

東京都建設局のHPで公開されている「荒川水系神田川流域河川整備計画」に、このような記述があるのです。


妙正寺川は東京都杉並区にある妙正寺池を源として、中野区北部を東に流れ、途中、
江古田川を合流し、新宿区下落合一丁目で神田川(高田馬場分水路)に合流する河川
延長 9.7km の一級河川である。  
http://www.kensetsu.metro.tokyo.jp/kasenseibikeikaku/pdf/kandagawahonbun.pdf)(PDF)

神田川の合流地点は下落合一丁目とされています!下落合駅付近です!

なので、正式には、道の下の部分は、妙正寺川ではなく、神田川! つまり、神田川が2本並行して流れていて、妙正寺川は、あくまでも、地図上で見えてる所あたりまで。という事。 新目白通りの下の神田川は、高田馬場分水路という名前。

妙正寺川と神田川と高田馬場分水路



なるほどぉ~。 いろいろ勉強になったぞ!



より大きな地図で 「尊い東京の姿」一覧地図 を表示