2012年11月26日月曜日

都電が走っていた緑道~南砂篇~

場所: 日本, 東京都江東区南砂2丁目22−7
都電が走っていた緑道シリーズ最終回(^^)/ 今回紹介するのは、江東区南砂にある南砂緑道公園です。謎の道路標示も存在しましたよ!





こちらが、南砂緑道公園。
都電38系統が走っていました。


より大きな地図で 都電38系統 を表示

江東区役所の東あたりです。

南砂緑道公園を歩く


明治通り沿いから歩いてみましたよ。

ここが入り口



貨物路線


貨物路線をくぐり、南砂2丁目団地の側をぐるりと回ります。

南砂2丁目団地


この広大な団地は、もともと、汽車製造東京製作所という鉄道車両工場だったそうです。goo古地図の航空写真を見ると、それらしき建造物が写ってます。



都電の跡と思われるモノは、今回も、見当たりませんでした。ただ、前回の亀戸篇と同じく、車輪のモニュメントはありましたよ。



自転車と歩行者の分離に意味はあるのか


…ところで、面白いものを見つけました(^_^;)

緑道公園案内図


これは緑道マップなのですけど、赤い道と青い道がありますよね。永代通り側が交互にクロスしています。これ、どんな意味だと思いますか?

…なんと、これ、青が自転車道で赤が歩行者道なのです!

そして、本当に、このマップ通りに、





歩行者道と自転車道がクロスしてます!

守ったほうが危ないじゃん!?



…勿論、こんなの律儀に守ってる人は誰ひとりいませんでした。

自転車と歩行者の分離標識があるのは、もちろん、全国どこにでもですし、そして、それが「一応そういう事になってるようだけど事実上守られてないし、それほど守らなければならない事でもなさそう」というのも、全国どこでもだと思います。

…でも、これは、その文化を如実に風刺してませんか? 「自転車と歩行者の分離なんて所詮こんなもんだ」と言わんばかりに。 ある意味アートかも。

…やっぱり、街には面白いものがありますねぇ(# ̄∀ ̄#)


オマケのにゃんこ


緑道は猫の散歩コースでもあるようで。



無心に土をほじくってました。
しっぽの立ち具合が一生懸命な表れです。


今日も最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

都電が走っていた緑道~新宿篇~
都電が走っていた緑道~亀戸篇~



より大きな地図で 「尊い東京の姿」一覧地図 を表示