2013年6月30日日曜日

下北沢は唯一の、ふわっとした夢の世界

場所: 日本, 下北沢駅(東京)
小田急線が地下に潜り、今後さらに変化するであろう下北沢。 下北沢について思う事を、街コラムとして、書きたいと思いました。


あ、そうだ。前回の下井草の回で「次回も、この界隈について書きたいと思ってます」と書きましたが、「内田秀五郎」で検索すれば、出てくる話ですし、ちょっと、まとめきれてないので、それはひとまず保留で。 

ちょっと浮いたような夢の世界、シモキタ



小田急線が地下に潜り、開かずの踏切が無くなった下北沢。これは、線路から下北沢の駅舎を見たものですが、こうやって見ると「おつかれさま」という言葉が、一番似合うと思うのです。 渋谷から4駅しか離れてないにもかかわらず、この駅舎は、まるで地方都市のそれです。

それから、駅のそばにある、食品市場。



まさに昭和の香りがただよう、この場所。 もう全部取り壊されてしまったかと思ってましたが、まだ残っていました。

戦後の闇市の名残の場所。 ここも、平成の今まで、よく頑張ったよねぇ。


こちらは小田急線の地下ホームに向かう階段。 駅は新しく工事中。 果たして、どんな駅になるのか…やはり、綺麗だけど無難な駅になるのでしょうか?


下北沢は、「かわいい街」として成長してきたと思います。

そのかわいさは、どこから来たのか? と考えると、あの、田舎っぽい駅舎と、田舎っぽい食品市場だと思うのです。 もちろん、細い路地と、まどろっこしい踏み切りも。です。

そんな下北沢に惹かれて、若者の劇場が誕生し、チープでかわいいモノを売る店が増え、発展したのでしょう。


下北沢って、本当に、ふわっとした、夢の世界のようです。 ふわっとした優しさのある街。 正しくて冷たいものが似合わない街なのです。 「『踏切が開かなくて』という遅刻の言い訳が通用した」という逸話もあったといわれますが、 あの、開かずの踏切だって、開かずの踏切なのですから、正しい存在ではありませんでした。 でも、それも含めての下北沢だし、それが下北沢という夢の世界に花を添えていたのだと思うのです。 これも下北沢らしいよね。 って。

あの駅舎と食品市場も、決して正解ではない。 正解ではないけど、温もりがあります。 正解じゃないからこその温もり、とも言えます。 そんな街で、演劇という正解じゃない事をして、正解とは無関係の服や雑貨を買う… そんな街だと思うのです。




道路を作る計画がある


そんな、夢の世界が取り残されたような下北沢に、ふりおろされた、再開発の手。

私は、納得できる所と、そうでない所があります。

納得できるのは、駅舎の改修と食品市場の解体です。 建物は年数がたてば朽ちていき、いつか取り壊し・建て替えの時期が来るのは、仕方が無い事ですよね。

で、納得できないのは、広い道を新たに作る計画がある事です。

これについての詳しくは「下北沢 再開発」で検索すれば出てきますし、ここでは書きませんが… あの道は、どうも、下北沢を潰したいんじゃないか? と思えてなりません。

政治家にとっては、夢ごこちでふわっとした下北沢が、甘えにしか見えないのではないか…そんな、ナナメな考えまで浮かんでしまいます。




道路計画の話は、ここまでにしておきます。


下北沢に冷たいデザインは似合わない


道路は作ろうが作られまいが、下北沢は間違いなく新しくなります。 駅舎はリニューアルされ、小田急線の線路だった所は空き地になり、あの食品市場がいつまでも残るとは思えませんから。


どんな風に、新しくなって欲しいか…

私は、温かみのあるデザインにしてほしいと思うのです。

というのも、他の再開発された街が、総じて、冷たさを感じてしまうのです。


冷たいデザイン例1:錦糸町

例2:汐留
例3:神田淡路町


例4:二子玉川
どーして、どーして、東京の街は、再開発すると、みんながみんな、同じ色になってしまうのでしょう? 基本は銀色または灰色で、グリーンを計算高く配置。というパターン。 アップルの引き算デザインの影響? これが一番、お金がかからないから?

…もう少し、温かみを持たせるようなデザインは、無いのか? と思うのです。 下北沢は、こんな冷たいデザインは似合いませんよね。 世田谷区さん、お願いしますよ。 ほんと。



欲を言えば、食品市場は、近い雰囲気のあるものが再建されればなぁ。 と思うのです。 骨格は新品で、外側は古材を使う。とか、技術的に不可能なのかな? いや、それは私の好みなだけで、一般的には、もう少しピカピカなものが望まれているのかな?


もちろん、銀ピカに再開発されたからといって、シモキタの文化が無くなると決まったわけではないですし。 意外と、どっこい生き残るんじゃないかな。 と期待してます。

今日も最後まで読んでくださり、ありがとうございました!



より大きな地図で 「尊い東京の姿」一覧地図 を表示