2013年6月12日水曜日

区が変われば区画が変わるin葛飾区鎌倉&江戸川区北小岩

場所: 日本, 東京都葛飾区鎌倉4丁目
区が変われば区画も変わる。街作りが変わる。 それが実感できる場所を見つけました! 葛飾区鎌倉と江戸川区北小岩です。

街作りの差は、戦前の耕地整理に遡ります。


区が変われば、区画が変わる


こちらが、その区界付近の地図です。



葛飾区鎌倉の区画と江戸川区北小岩の区画の違いが、お分かりいただけますでしょうか?

葛飾区は、ぐちゃっとしてて、江戸川区は、碁盤の目です。

マピオンの地図なら、区が色分けされているので分かりやすいです。
http://www.mapion.co.jp/m/35.74229183897429_139.88694180719165_8/


区境付近を散歩してみましたよ。


こちらは葛飾区鎌倉。


地図の通り、道がぐにゃぐにゃ曲がっています。


ここは、ズバり、区境です。
反対側を振り返ると…


江戸川区の整理された町並みが見えます。


こちらも江戸川区。 ピシッ!と道が延びてますね~。


この区画の違いのせいで、ちょっと不便な所もあります。


行き止まりです…

手前が葛飾区。行き止まりの先にある住宅は江戸川区。


こちらも葛飾区側からの風景。緑多き歩道です。
このまま歩いて、江戸川区側に出たい… と思いますよね?


ところが、行き止まりなのです…

実は、道の手前に、


親切な住民によると思われる看板がありました。

区画だけじゃない。街作りの違い


区界による街づくりの違い、まだまだありますよ。

例えば、


手前が江戸川区です。 葛飾区に入ると道が細くなります。

逆のパターンもありますよ。


この道は、手前が葛飾区。
江戸川区に入ると…


車道が細くなり、中央分離帯が無くなります。
その代わり歩道が広がります。


奥に商店街が見えます。商店街は葛飾区で、手前は江戸川区です。

千代田商店街
千代田商店街
千代田商店街といいます。素朴な商店街!


商店街の出口です。 ここも区界。
この先は京成小岩駅です。


区が変わると、車道が歩道になったりもします。


この違いは、いつから生まれたのでしょう?

昭和初期の地図を見ると…

昭和初期の鎌倉&北小岩
この地図画像は、時系列地形図閲覧ソフト「今昔マップ」(©谷 謙二)により作成したものです。
この地図画像の元である地図は、国土地理院の地形図[2万5000分の1 船橋(昭和7年要修,昭和7年10月30日発行)]です。
すでに違いが、はっきり!

江戸川区北小岩は昭和初期に耕地整理を行いました。

それができたのは、人家の差だと思います。 地図を見る限り、北小岩より鎌倉のほうが人家が多い。人が住んでる所は、どうしても区画整理がしにくくなります。

でも、多いとはいえ、基本は田んぼで、今に比べたらずっと住んでる人は少ないのです。区画整理は不可能では無かったのでは。戦前のうちにしておけば…と、思えます。


でも、個人的には、区画整理された町よりも、入り組んだ町のほうが、散歩してて楽しいのですが。



今日も最後まで読んでくださり、ありがとうございました!



より大きな地図で 「尊い東京の姿」一覧地図 を表示