2013年2月13日水曜日

港区海岸地区の風景~レインボーブリッジ海上ループ部など~

場所: 日本, 東京都港区海岸3丁目
前回芝離宮に行ってきた時に、港区の湾岸地域(海岸地区・芝浦地区)も散歩してみたのです。 運河と首都高とモノレール…全体的に灰色の風景ではありますが、その工業的というかインダストリアルな風景の美しさというのもあるので、せっかく散歩して写真も撮った事ですし、ブログに載せようかと思うのです。

レインボーブリッジの魅力は輪の部分にも


たしかに、屋根やワイヤーの部分のほうが目立つし、いかにもレインボーブリッジって感じがするので、そちらのほうが注目されやすくて写真にも撮られやすい。と思うのですが、私、レインボーブリッジの入り口に来てみて、分かりました。

レインボーブリッジは輪の部分も素敵!

橋の裏側の塗料のはげ具合も、いい味出てますし…

レインボーブリッジ海上ループ部


計算されて作られた、これほどの大きさの、輪っか。
正式には海上ループ部と言うそうで。
この輪っかが作られた理由は、橋の高さを稼ぐためなのか、土建屋が稼ぐためなのか、そのへんはよく知らないのですが(^_^;)

羊羹開発?
それにしても、レインボーブリッジができてから、もう20年になるのですね。
橋の塗料のはげ具合と、遊歩道の案内板のデザインが、過ぎた月日を物語っています。 特に、デザインの分野は20年で非常に進化したな…と思います。



港区湾岸の風景


港区の湾岸エリア、海岸地区と芝浦地区の風景です。
写真の加工を強めにしてみました。







芝浦運河 東京モノレール
モノレールも年輪を重ねて、いい味が出てます。 いや、レインボーブリッジよりもモノレールのほうがずっと年上なので、あたり前ですね。 東京モノレールができたのは、1964年。 …もうすぐ50歳かぁ。

あ、そっか。東京モノレールも東京オリンピックに合わせて作られたんですね。






今日も最後まで読んでくださり、ありがとうございました!



より大きな地図で 「尊い東京の姿」一覧地図 を表示