2014年5月17日土曜日

京浜島の、つばさ公園に行ってみた(歩いて)

場所: 日本, 東京都大田区京浜島2丁目
 このブログをはじめた頃「城南島海浜公園に行ってみた(歩いて)」という記事を書きましたが、今回は、京浜島の、つばさ公園に行ってみました。

つばさというのは、飛行機の翼です。 羽田空港の運河をまたいで隣にあるので、飛行機好きが集まる公園なのです。




そういえば、つばさ公園という公園は、葛飾区にもあり… そこには、観光客に見せたいのか見せたくないのかよくわからないキャプテン翼の像がありましたよね。 詳しくは、前に書いたこの記事を。


羽田空港を飛び交う飛行機が見れる公園


つばさ公園のある京浜島は、昭和島の東にある人工島であります。



この京浜島の南東部。 羽田空港が見える運河沿いが、つばさ公園です。

歩いていくには、東京モノレールの昭和島駅からが便利…ですが、それでも結構歩くし、そもそも東京モノレールに乗らなくてはいけない時点で、なかなかメンドいです。


ならばバスを使えばいいではないか… と思いますが、検索してみると、運行本数は地方都市並みだという事が判明。


しかしながら、そんな辺境の公園も、足を踏み入れたいと思ったのであります。

東京港野鳥公園(前回を見てね)を訪れた後、その足で、つばさ公園を目指しました。


到着。

ほんとうに、飛行機を眺める事に特化した公園です。

余計な遊具は一切無し。 あるのは、運河沿いの遊歩道と展望台です。


羽田空港が、ご覧のとおり。


飛行機も、この通り。


飛び立つ飛行機。 どこの飛行機だろう?


ゴールデンウィークだからか、結構人がいました。

遊歩道から飛行機を指さす親子…

敷物や椅子を持参して、のんびり飛行機を眺める人…


そして、望遠レンズと三脚で写真を撮る人…

カメラが好き。飛行機も好き。 飛行機を写真に撮りたい! という方には、おなじみの公園なのでしょう。


…同じような文章を、前回の東京港野鳥公園でも書きましたね。 このあたり湾岸エリアには、望遠レンズが活躍する場所が2つもあるんですねぇ。



ちなみに、望遠レンズ、私は興味なしです。 望遠レンズ持ってる人ってすごいと思います。 だって、あんなバズーカみたいなデカくて重いものを持ち歩くんですもの。 ていうか、家にあるだけでも億劫になります。


せっかくなので工業地帯の風景も



せっかくなので、工業地帯ものぞいてみましょうか。


どことなく昭和な香りがします。


ゴールデンウィークなので、人と車は、ほぼいません。


清掃車が数台。

このあたりには、リサイクル工場もありそうですよね。


ピカピカすぎるオフィス街よりも、工業地帯のほうが、なんだか、そそられるんですよね。


今日も最後まで読んでくださり、ありがとうございました!



より大きな地図で 「尊い東京の姿」一覧地図 を表示