2014年3月26日水曜日

東京の基礎についての動画を作りました&キャラクター設定

もう4月の間際になってしまいましたが(遅いよ!) 「上京する人のための東京基礎知識」という動画を作りました。

全4回。2匹のなめくじのキャラクターの会話形式で紹介します。




1 山の手と下町



東京の超基本。 山の手と下町の違い。街の特徴と発展の差について。

2 バカにされない街




なぜ都民は住む場所にこだわるのか? 山の手と下町を踏まえたうえでの、差別意識について。

3 安く便利に暮らせる街



下町に大型ショッピングすセンターが多いのはなぜ!? という事ぐらいしか、内容がないよう(^^;)。

4 街の特徴をつかむ




ネットやスマホアプリを駆使して、街の特徴を知ろう!


キャラクター設定



で、なめくじキャラの設定は、以下の通り。

あんてなめくじ



東京大好きななめくじ教官に付き合う、20代(人間にあてはめると)の若者。

触覚の赤い部分は血の塊でも赤チンでもなく、電波を送受信するための装置。

アンテナとなめくじが合わさったこのキャラクターは「たとえ、なめくじのごとく、ひ弱で、歩みが遅くても、世の中の情報を受け取り、また、自ら発信したい」という意味を持つ。




なめくじ教官



教員の仕事の傍ら、趣味で東京研究にいそしむ、年齢は60代(人間にあてはめると)です。

東京の街歩きが好きで、若かれし頃には、東京23区のローソンを一筆書きで歩いて制覇したことがあるほど。こんな風に


ちなみに、なぜ「教官」なのかと言われると、なんとなく、です。 別に「先生」でも「教授」でも「講師」でも良いんですけど。







より大きな地図で 「尊い東京の姿」一覧地図 を表示