2013年11月6日水曜日

若洲海浜公園と東京ゲートブリッジと猫

場所: 日本, 東京都江東区若洲
前回の新木場に続き、今回は若洲海浜公園と東京ゲートブリッジです。

若洲は元々ゴミの埋め立て地ですが、埋め立ての歴史も知ることができました。

東京ゲートブリッジという、割と有名な観光スポットも、このブログで扱う事はあるのです。

…それから、久々に、猫が出ますよ。


若洲海浜公園とゴミ問題と東京ゲートブリッジ



新木場から若洲橋を渡り、南に行くと、新木場以上に広々とした空間が広がっています。

そこにある公園が…



若洲海浜公園です。

若洲海浜公園 埋め立ての歴史
若洲海浜公園 埋め立ての歴史
埋め立ての歴史が記された看板を発見!


ごみの埋め立ての期間は、1965年(昭和40年)から1974年(昭和49年)まで。

ゴミと土を交互に埋める「サンドイッチ工法」。

キャンプ場の所はゴミを埋めて無い事も、分かりました。 …そんな事も配慮されていたとは、知りませんでした。



そんな若洲海浜公園の全体図がこちら。
メインはゴルフ場(我々庶民には縁無し)で… ヨット練習場(これも縁無し)や、キャンプ場所、サイクリングコース、魚釣り場があります。


これがサイクリングロード。


途中、みどりのトンネルもあったりします。


こちらはヨット練習場付近。
中央に見えるのは、展望台です。


ヨット練習場近くにて。
…こういう詩が好きな人、いるよね。


こちらは魚釣り場ふきんの海岸です。

…そして、


東京ゲートブリッジです。


…はっ! ( ゚д゚ ;)
思わず売店でソフトクリームを買ってしまいました。

海を見ながらソフトクリームを食う… なんて休日らしい休日なのでしょう。


ちなみに、味は、まぁ。普通。
ソフトクリームの粘りが強めで、おいしかったです。



ソフトクリームを食べ終わり…

海岸から見える風景。

北西方向には、うっすらと観覧車が見えます。 お台場パレットタウンのものです。


で、東の海岸から東を望むと、言わずと知れた、夢の国が。


で、ゲートブリッジの脇に見えるのは、都内最後のごみ埋め立て地。中央防波堤。


防波堤の南側は「新海面処分場」というそうで、その概要も、ばっちり、看板になってます。

将来的には、これだけ、ゴミで埋まるという事ですね。

…しかし、ここが埋まったら、どうするんでしょうね。
やはり、他県に金を払って引き取ってもらうんでしょうか。


こんなところでネコ発見



…コンクリに足跡が!


こんな所に、白黒のネコが住みついてます。


3匹仲良く遊んでいました。



…それにしても、普通はカメラを向けると逃げていくのに、こいつら、全く気にしてません。

それどころか、鳴きながら、こちらに寄ってきました。

猫がこんなに自然に遊んでる様子を写真が撮れたのは、生まれて初めてです。



もしかしたら、この子たちは、観光客や海釣りのおこぼれが命綱なのかもしれません。
なので、こうやって遊んでみせて、かわいくふるまっていたのかも。

防波堤の近くに黒猫もいました。

…え、いない? いますよ? よーく探してみて。



今日も最後まで読んでくださり、ありがとうございました!



より大きな地図で 「尊い東京の姿」一覧地図 を表示