2012年10月7日日曜日

東あずま駅はひがしひがし駅なのか

場所: 日本, 東あずま駅(東京)
東あずま駅は、東京都墨田区にある東武鉄道亀戸線の駅です。




この駅を見て、思う事がありました。
その時ツイートしたのが、これ。



「あずま」は「東」の事…。つまり、この駅は「ひがしひがし駅」なのではないかっ! 両方とも東じゃないか!? そう思ったのです。

本当にそうなのか? 調べて見ました。


吾妻橋の東だから?


墨田区には吾妻橋という橋があるのを知ってました。吾妻橋の東だから、東あずま…?まずは吾妻橋の由来から検索。 もし「浅草の東にある橋だから」という由来ならば、東あずまとは、浅草の東の東という意味になります。

吾妻橋』 の名称の由来は諸説ある。
架設当初は 『大川橋』 が正式な橋名であったらしいが、
左岸(向島方面) にある 「吾嬬(あづま)神社」 への道筋にあたることから、
『吾嬬橋』 とも呼ばれており、これが 『吾妻橋』 に転じたという。
また一説には、幕府押し付けの 『大川橋』 の名称に反発した付近の町民が、
江戸の東に位置するこの橋を 『東(あずま)橋』 と呼んでいたからとも伝えられている。
明治 9年(1876) の架け替えの時に、正式に 『吾妻橋』 と命名された。

http://www.geocities.co.jp/tokyo_ashy/bs-azumabashi.html


「江戸の東だから」という説もあるようですが「吾嬬神社への道筋」という説のほうが、面白そうです。

吾嬬神社、どこにあるのか?




はっけん。 東あずま駅の西にあります。 …て事は、東あずま駅は、吾嬬神社の東だから東あずま。なのですね。これにて一件落着。

…というのも早計です。吾嬬神社の由来も調べて見ないと。それが「江戸の東だから」という由来かもしれませんし。



吾嬬神社は東神社なのか?


吾嬬神社は、決して、浅草や江戸の東という意味ではありませんでした。
http://www.tesshow.jp/sumida/shrine_tachibana_azuma.html


日本神話の「弟橘媛(おとたちばなひめ)」伝説が由来。
弟橘媛伝説とは。

弟橘媛は日本武尊(やまとたけるのみこと)の妻。日本武尊が東国遠征の際、横須賀から房総半島に渡ろうとしたところ、海が荒れた。それを鎮めるために弟橘媛が自らの身を海に投じた。海は静まり、日本武尊は海峡を渡る事ができたが「吾妻恋し」と悲しんだ。

「吾妻恋し」は現代の発音だと「わがつまこいし」だけど、当時の発音では「あづまこいし」あるいは「あがつまこいし」だったのでしょう。
身を投じた弟橘媛の持ち物の1つが、現在の墨田区に流れ着き、神様として崇めるために神社を作った。それが、吾嬬神社の由来のようです。
また、吾嬬神社のある地区の名前「立花」も、弟橘媛の「橘」が由来とか。





…というわけで、東武鉄道亀戸線の東あずま駅は、吾嬬神社の東という意味という意味であり、ひがしひがし駅ではない! という結論に至りました。



~これを調べる過程で分かった事~


  • 公園などにある「東屋」とは、京都から見て東に住む人々の家という意味
  • 同じく弟橘媛伝説が地名の由来となっているのは、神奈川県の横須賀や千葉県の袖ヶ浦
  • 当時はこの辺りまで海だった…という事は、やはり江東区は全域、江戸時代からの埋め立て?
  • 「東吾妻」は群馬県にもある。群馬県吾妻郡東吾妻町。ちなみに「あづま」ではなく「あがつま」と読む。やはり弟橘媛伝説が地名の由来か。





より大きな地図で 「尊い東京の姿」一覧地図 を表示