2014年4月19日土曜日

世田谷区中町の謎~戦後すぐに住宅地が~

場所: 日本, 東京都世田谷区中町
世田谷区中町の古い地図を見てみると、戦後すぐに、住宅地ができているのが見えます。…しかしここは、駅からも遠く、谷沢川のそばという、宅地開発に適しているとは思えないのですが…



世田谷区中町の謎


ここが、その、世田谷区中町の地図です。

具体的には、中町4丁目と5丁目の、駒沢通り中町4丁目交差点付近であります。




この地域の戦後間もなくの航空写真を、goo古地図で見れるのですが…

http://link.maps.goo.ne.jp/map.php?MAP=E139.38.44.200N35.36.58.300&ZM=10

不自然に住宅地ができているのが、おわかりいただけますでしょうか?
(地図を埋め込めないのが、歯がゆい(>_<;) )

中町4丁目交差点
今は、ごくありふれた街なんですけどね。


個人商店も、ちらほら、あったりして…



住宅地は、いかにも世田谷区のそれといった風景。


問題の地域を縦断する谷沢川。
有名な等々力渓谷の上流です。


公園に碑や案内板が無いか…と思いましたが、何もありませんでした。

(この地図は{国土地理院 電子国土Webシステム}{カシミール3D}{「今昔マップ on the web」((c)谷 謙二)}を使用しています)
この地図画像の元である地図は、国土地理院の地形図[2万5000分の1 東京西南部 昭和4年二修 昭和6.6.30発行]です。
戦前の地図に現代の航空写真を透過処理で重ね合わせてみました。
宅地化する前のここは、人家は無く、谷沢川も今よりも蛇行しています。


正体は、営団住宅か


で… この住宅地の正体を、図書館で探ってみましたところ、どうも、営団住宅のようなのです。

営団といえば、現在の東京メトロである営団地下鉄を思い浮かべますが、戦前には、それ(帝都高速度交通営団)に加えて、農地開発営団と住宅営団がありました。


そして、営団住宅ができたいきさつは、はっきりとした情報は見つからなかったのですが…

この地域は戦前期に、玉川全円耕地整理事業が進められており、現在の格子状の区画と、谷沢川を直線化は、この事業の結果なのです。

で、事業の費用を捻出するために、耕地整理組合が住宅営団に土地を売ったと考えられるのです。

書籍によっては、東急に土地を売ったという内容もあり、はっきりしないんですけどね。


今日も最後まで読んでくださり、ありがとうございました!



より大きな地図で 「尊い東京の姿」一覧地図 を表示