2013年10月14日月曜日

田園調布せせらぎ公園に行ってみた

場所: 日本, 多摩川駅(東京)
今回の舞台は大田区の多摩川駅そば、田園調布せせらぎ公園です。

多目的広場と林の遊歩道、という、ごくありふれた公園ですが、以前は遊園地だったそうで…。


遊園地だった過去を想像しながら…


まずは東急の多摩川駅、ホームの写真から。



多摩川駅は東西を森に挟まれ、南には多摩川が流れ、自然に囲まれています。

(この地図は国土地理院の基盤地図情報(数値標高モデル)とカシミール3Dを用いて作成しました)
こちらは田園調布周辺の高低差。
…久しぶりに、カシミール3Dを使ったかもしれません。

多摩川駅とせせらぎ公園は…


(この地図は[国土地理院 基盤地図情報(数値標高モデル)][国土地理院 電子国土Webシステム][カシミール3D]を使用しています)
多摩川そばの、谷間にあります。

…もっと拡大して、航空写真も、載せましょうか。


航空写真。グーグル先生のグーグルマップではなく、あえて、国土地理院の電子国土です。

…なぜ電子国土を使用するかといいますと、古い航空写真を埋め込む事ができるから!
1970年代後半の、航空写真を見てみましょう。






なんだか、こまごまとしたものが見えますね。

これ、遊園地のアトラクション。

田園調布せせらぎ公園は、昔、多摩川園という遊園地でした。

多摩川駅の名前も、多摩川園駅でした。


ウィキペディアによると… 田園調布を開発した田園都市開発株式会社が、抱き合わせで仕方なく購入させられた土地を遊園地にした。 との事。 

開園は1925年(大正14年)、閉園は1979年(昭和54年)。 なるほど。




…それにしても、国土地理院の電子国土、昔の航空写真を埋め込めるようになったとは… なんて素敵なんでしょう。 このブログのためにあるような機能じゃないですか!? まさにネット用語でいう「俺得」であります(^o^)


では、田園調布せせらぎ公園を、見てみましょうか。

田園調布せせらぎ公園 案内図
田園調布せせらぎ公園 案内図
多目的広場と「草っぱら」が点在しています。




これらが、草っぱら。

草っぱらは平坦に整地されています。

…なるほど、元々ここに、遊園地のアトラクションがあって、そのために整地した名残…?


こちらは坂の上に通じる階段で…


見上げれば、林。


地面には、大量のドングリ。
ホントに大量に落ちてました。


巣箱が作られてます。



…で、「せせらぎ公園」という名の通り、池もあるようで。


カモが遊んでいました。


…こんなもんですかね。

多目的広場では、子供達がサッカーの練習をしていましたが、その写真は遠慮しました。

次回は、多摩川駅の西側の予定です。


今日も最後まで読んでくださり、ありがとうございました!



より大きな地図で 「尊い東京の姿」一覧地図 を表示