2014年8月25日月曜日

ちょっと多摩ニュータウンまで遠出してみた

場所: 日本, 多摩センター駅(東京)
夏は遠出したくなりますよね。 なのでいつもの23区から離れて、多摩ニュータウンに行ってみました。 ちょっと行ってみたかったんですよね~。



そういえば去年の夏も夏休み企画で、23区から離れたんですよね。 それで千葉県松戸市矢切に行ったのでした。 でも矢切は葛飾区から川を越えてすぐなのに対し、多摩ニュータウンのほうが23区から離れてます。

多摩ニュータウンらしい風景って難しいです




ひとくちに多摩ニュータウンといっても、その規模はとてつもなく大きくて、高島平や光が丘の比ではありません。

多摩ニュータウンとは、多摩センター駅を中心に、多摩市や八王子市などをまたがり広がっている、団地群の通称です。

高度経済成長期の住宅不足を解消するため、多摩丘陵を大造成!

里山はみるみるうちに住宅地となりました。

スタジオジブリの映画「平成狸合戦ぽんぽこ」でも有名ですよね。





まずは多摩センター駅から、パルテノン大通りの風景。



これ全部歩行者用道路です。 めっちゃ広い! 歩行者と自動車の完全分離が実現しています。





デパートにショッピングセンター、ファストフードにコーヒーショップ… 買い物には困りません。


娯楽施設もあります。 この写真の奥に見えるのは、サンリオピューロランドです。 …名前だけ聞いたことはあったけど、多摩ニュータウンにあったのか…。

私は猫好きですが、ハローキティには何とも思わないんですよね… 猫と猫型キャラクターは別物なんでしょうねぇ。

私の興味はサンリオではなく団地なのです。


ここは多摩センターから少し離れたところ。 緑地も豊富にありますね。



ではでは、多摩ニュータウンの写真を…

…と思うのですが、なかなかむずかしい。



団地を撮ると、それは普通の団地の風景であり、多摩ニュータウンっぽくないんです(-_-;)

大通り 緑あふれる大通り
大通り 緑あふれる大通り

大通りを撮ると、それは大通りの写真だし…


多摩ニュータウンらしい写真を撮るには、展望塔のような高い所から撮影するのが一番かと思います。

街歩きする前に展望スポットをリサーチしておくべきだったと反省。(今リサーチしてみましたら、多摩丘陵パノラマの丘が良さそうです)

…ベネッセの東京本部ビルの展望テラスが、もっと使いやすければいいと思うんですけど、プラネタリウム利用者しか利用できないっぽいんですよね。


多摩ニュータウンらしさは何かと言われると…


  • 丘陵地帯らしいアップダウンが結構ある。
  • 丘陵地帯の地形に合わせた区画らしく、意外と道がくねっていて、地図は要る。
  • 23区の団地に比べて、緑が多い。


といった所でしょうか。



団地の地図にある「多摩ニュータウン」の文字。

これを見て、ここは多摩ニュータウンで合ってるんだ…と、ほっとしました。


多摩ニュータウンはたくさんの団地の集まりなので、団地ごとに建物に違いが見られます。

エントランスにトンボ 三角屋根
エントランスにトンボが描かれていたり、三角屋根だったり…



団地が好きな人は、それこそ一日かけて、全域を回るんだろうなぁ…
(自分は途中で食傷気味に)


多摩ニュータウンは歩行者と自動車を分離する構造になっております。

車道の脇に、このような、歩行者道があったりします。


車道の下に掘られた歩道のトンネル。

それにしても、標識のサビ具合が、過ぎ去った月日を感じさせます。


歩道橋も、自動車と歩行者の分離のため。

団地内商店街 こういう道路の模様は昭和っぽい
歩道橋のそばには、団地内商店街もありました。(お盆期間なのでシャッターが閉まってました)

私が見つけた多摩ニュータウンの団地内商店街は、ここだけ。

…これだけ広いんだから、もっとあってもいいと思うんですけど? 昔あったけど改築で無くなったのか、自分が見落としただけなのかは分かりません。


多摩ニュータウンでは、買い物は基本的に駅前ですべて済ませるというライフスタイルのようです。 …駅から遠い団地は、ちょっと不便なのかも。


多摩センターのバス乗り場も昭和っぽかったです。
多摩センターのバス乗り場も昭和っぽかったです。


今回、永山から多摩センター駅周辺を歩きましたが、多摩ニュータウンは唐木田やその西まで広がっています。 とても広すぎて歩ききれませんでした(^_^;)

今日も最後まで読んでくださり、ありがとうございました!



より大きな地図で 「尊い東京の姿」一覧地図 を表示